挨拶文

挨拶文は退職の時や季節の節目などに手紙で出したり、コミュニケーションのひとつとして大事なものですね。挨拶文を書こうとしている方や、シチュエーション毎にどのような挨拶文が良いか迷っている方へ様々な事例を提供していきます。

送別会の案内文

送別会をすると決まったら幹事の人はまわりの人たちに案内を兼ねた挨拶文の出す用意を
しなければいけません。
送別会の挨拶文というよりほぼ8割型案内状のようなものですが。

送別会の挨拶文の出だしは「○○さん送別会の案内」とか「○○さん送別会のお知らせ」と
いった感じで良いと思います。

次に「来る○月○日に○○さんが退職され送別会をすることとなりました」と出だしを見れ
ば内容はわかりますが一言書いておくと良いと思います。
次には送別会の挨拶文には欠かせない、日時、場所、会費を書いておきます。

場所ですがその場所の電話番号も書いておいてあげると迷ったときに確認しやすいと思い
ます。またプラスして場所の地図も一緒に載せておくと親切ですね。
あとは締め切り日を作っておいたほうが良いかもしれませんね。

予約の関係などもあると思いますから。
送別会の挨拶文の最後には担当または幹事○○といった感じで書いておきます。
すぐ連絡がとれるように連絡先も書いておくことをおすすめします。

新郎の父の挨拶は涙を誘います

結婚式の挨拶文は新郎の父も終わりに話しますよね。正確には終わりというより花束贈呈
の時でしょうか。あのときほど感動している場面はありませんよね。

そんな結婚式の中で考えてきた挨拶文を新郎の父は話さないといけないのである意味大変
かもしれませんね。

私が以前出た結婚式では同じように結婚式の花束贈呈の場面で挨拶文を新郎の父が話そう
としていたのですが嬉しさの余り泣けてしまい「いろいろと考えてきたのですが・・・」と
泣いてうまく話せないということがありました。

結婚式での挨拶文で新郎の父が話す内容というのはほぼ感謝の気持ち、謝辞になります。
あとさらに涙をそそってしまう親としての今の気持ちを話したりしますね。

後は上司の方やお世話になっている人への重ねて今後の付き合いのお願いご指導、ご支援
などを言ったりすると思います。

結婚式の挨拶文というのは新郎の父は経験上たくさん見てきたはずですがなぜか上手く
言えませんよね。やはり自分の子供となると違ってくるのでしょうね。

新郎のウェルカムスピーチと括りの言葉について

新郎が挨拶文を話すのは結婚式の初めか終わりかどちらかですね。新郎が挨拶文を結婚式
の初めに言うのはウェルカムスピーチというようです。

このネーミングからなんとなくわかるかと思いますが、披露宴に来てくださった人へ
「ようこそおいでくださいました」という意味からそう言われているようです。

新郎が挨拶文を結婚式の初めで言うウェルカムスピーチは「来てくれて有難う」という感謝
の気持ちと「今日はどうぞ楽しんでいって下さい」という内容と二人が結婚できた喜びなど
を話したりします。

新郎が挨拶文を結婚式の終わりで言うのは披露宴の締め括りの言葉となるのですが、内容
が微妙に違ってきます。「来てくれて有難う」という感謝の気持ちは変わりません。
さすがに終わりに「楽しんでいって下さい」というのはおかしいですよね。

その代わりではないですが結婚式・披露宴を終えての感想などを話したりします。
また新郎が挨拶文を結婚式で言うのにどちらにも共通しているのは上司や目上のお世話に
なった人への感謝の気持ちを今後の付き合いのお願いをすることです。

気持ちを込めて言うのが大切ですね。

挨拶文の文例はネットで候補を探す

挨拶文といってもいろいろな挨拶文がありますが、挨拶するというのは送る人みんなが
読んだり聞いたりするのできちんとしておきたいですよね。
1から考えるのが難しいひとには挨拶文の例文集などを参考にしてみてはどうでしょうか。

「結婚式の挨拶文例文集」・「出産報告の挨拶文例文集」・「引越しのお知らせの挨拶文の例
文集」・「暑中お見舞いの挨拶文の例文集」・「残暑お見舞いの挨拶文の例文集」・「寒中お見
舞いの挨拶文の例文集」・「退職の挨拶文の例文集」・「転職の挨拶文の例文集」などさまざまな
ケースがあります。

本屋さんにももちろんそのケースごとに出ているかもしくは挨拶文、例文集として1つ
にまとめて出ていると思います。

家にパソコンがある人ならばインターネットで挨拶文の例文集で検索エンジンをかければ
本くらいの情報は一発で出てくると思います。

その中から自分が参考にしたい挨拶文の例文集を選んであとは自分なりにオリジナルな
言葉や文章にかえれば良いと思います。  

挨拶文 カテゴリー別 更新記事一覧

ビジネス 挨拶文

送別会の案内文 会社設立の挨拶文のTips 面接を受けたら必ず挨拶文を送りましょう PTA総会などの挨拶文 物を送るときのビジネス的挨拶文

メール 挨拶文

メールで送る挨拶文

冠婚葬祭 挨拶文

冠婚葬祭の挨拶文は業者でも作れます

季節 挨拶文

5月の挨拶文 4月の挨拶文 1月から8月までの挨拶文に使える季語 俳句のように挨拶文にも季語を入れましょう 春には春らしい時候の挨拶があります

宴会 挨拶文

歓送迎会のお知らせの挨拶文

工事 挨拶文

新築の際、挨拶文で失敗しないテクニック

引越し 挨拶文

いざ引越しをする時、どんな挨拶文にしますか

挨拶文 例文

挨拶文の文例はネットで候補を探す 入園式で代表の挨拶をする場合 この手順を踏まえれば挨拶文が書きやすくなります ハリーポッターも挨拶文がある?

挨拶文 閉店

閉店をお知らせする挨拶文

挨拶文例

会長職などに就任の際に必要な挨拶 どんな挨拶文もインターネットに用意されています PTA会長に就任した場合の挨拶文 いざとなったら挨拶文のスペシャリストに頼みましょう 挨拶文を考えてくれる会社もあります

時候 挨拶文

24節ある時候の挨拶

法事 挨拶文

法事に必要な挨拶文の文例

結婚式 挨拶文

新郎の父の挨拶は涙を誘います 新郎のウェルカムスピーチと括りの言葉について 主賓の挨拶で注意する点 乾杯の挨拶の注意点 結婚式では感謝する気持ちで挨拶を

葬儀 挨拶文

喪主の挨拶文の定型

転勤 挨拶文

転勤の挨拶文におけるマナー 転勤した際に出す挨拶文

退職 挨拶文

転職のときも感謝を込めて挨拶文を 定年退職を知らせる挨拶文 退職の挨拶文は「発つ鳥跡を濁さず」が基本 退職時の挨拶文のマナー


挨拶文の最新記事

送別会の案内文

送別会をすると決まったら幹事の人はまわりの人たちに案内を兼ねた挨拶文の出す用意を
しなければいけません。
送別会の挨拶文というよりほぼ8割型案内状のようなものですが。

送別会の挨拶文の出だしは「○○さん送別会の案内」とか「○○さん送別会のお知らせ」と
いった感じで良いと思います。

次に「来る○月○日に○○さんが退職され送別会をすることとなりました」と出だしを見れ
ば内容はわかりますが一言書いておくと良いと思います。
次には送別会の挨拶文には欠かせない、日時、場所、会費を書いておきます。

場所ですがその場所の電話番号も書いておいてあげると迷ったときに確認しやすいと思い
ます。またプラスして場所の地図も一緒に載せておくと親切ですね。
あとは締め切り日を作っておいたほうが良いかもしれませんね。

予約の関係などもあると思いますから。
送別会の挨拶文の最後には担当または幹事○○といった感じで書いておきます。
すぐ連絡がとれるように連絡先も書いておくことをおすすめします。

挨拶文は退職の時や季節の節目などに手紙で出したり、コミュニケーションのひとつとして大事なものですね。挨拶文を書こうとしている方や、シチュエーション毎にどのような挨拶文が良いか迷っている方へ様々な事例を提供していきます。


挨拶文 Pick Up!

結婚式の挨拶文は新郎の父も終わりに話しますよね。正確には終わりというより花束贈呈
の時でしょうか。あのときほど感動している場面はありませんよね。

そんな結婚式の中で考えてきた挨拶文を新郎の父は話さないといけないのである意味大変
かもしれませんね。

私が以前出た結婚式では同じように結婚式の花束贈呈の場面で挨拶文を新郎の父が話そう
としていたのですが嬉しさの余り泣けてしまい「いろいろと考えてきたのですが・・・」と
泣いてうまく話せないということがありました。

結婚式での挨拶文で新郎の父が話す内容というのはほぼ感謝の気持ち、謝辞になります。
あとさらに涙をそそってしまう親としての今の気持ちを話したりしますね。

後は上司の方やお世話になっている人への重ねて今後の付き合いのお願いご指導、ご支援
などを言ったりすると思います。

結婚式の挨拶文というのは新郎の父は経験上たくさん見てきたはずですがなぜか上手く
言えませんよね。やはり自分の子供となると違ってくるのでしょうね。

新郎が挨拶文を話すのは結婚式の初めか終わりかどちらかですね。新郎が挨拶文を結婚式
の初めに言うのはウェルカムスピーチというようです。

このネーミングからなんとなくわかるかと思いますが、披露宴に来てくださった人へ
「ようこそおいでくださいました」という意味からそう言われているようです。

新郎が挨拶文を結婚式の初めで言うウェルカムスピーチは「来てくれて有難う」という感謝
の気持ちと「今日はどうぞ楽しんでいって下さい」という内容と二人が結婚できた喜びなど
を話したりします。

新郎が挨拶文を結婚式の終わりで言うのは披露宴の締め括りの言葉となるのですが、内容
が微妙に違ってきます。「来てくれて有難う」という感謝の気持ちは変わりません。
さすがに終わりに「楽しんでいって下さい」というのはおかしいですよね。

その代わりではないですが結婚式・披露宴を終えての感想などを話したりします。
また新郎が挨拶文を結婚式で言うのにどちらにも共通しているのは上司や目上のお世話に
なった人への感謝の気持ちを今後の付き合いのお願いをすることです。

気持ちを込めて言うのが大切ですね。

挨拶文といってもいろいろな挨拶文がありますが、挨拶するというのは送る人みんなが
読んだり聞いたりするのできちんとしておきたいですよね。
1から考えるのが難しいひとには挨拶文の例文集などを参考にしてみてはどうでしょうか。

「結婚式の挨拶文例文集」・「出産報告の挨拶文例文集」・「引越しのお知らせの挨拶文の例
文集」・「暑中お見舞いの挨拶文の例文集」・「残暑お見舞いの挨拶文の例文集」・「寒中お見
舞いの挨拶文の例文集」・「退職の挨拶文の例文集」・「転職の挨拶文の例文集」などさまざまな
ケースがあります。

本屋さんにももちろんそのケースごとに出ているかもしくは挨拶文、例文集として1つ
にまとめて出ていると思います。

家にパソコンがある人ならばインターネットで挨拶文の例文集で検索エンジンをかければ
本くらいの情報は一発で出てくると思います。

その中から自分が参考にしたい挨拶文の例文集を選んであとは自分なりにオリジナルな
言葉や文章にかえれば良いと思います。  

長年働いてきた会社を退職して転職する場合にも挨拶文は送ったほうが良いと思います。
最近転職している人が多いようですが実際は皆さん出しているのでしょうか。
転職したときにだす挨拶文について紹介したいと思います。

頭語と季節の挨拶と相手への安否と結語は転職したときの挨拶文に限らず付くということ
を覚えておいてください。

まずは「拝啓 ○○の候 ますます御清祥のこととお慶び申し上しあげます。」
ここまではワンフレーズと思っても良いと思います。

次からが本題です。

「さて私ことこのたび ○○会社を退職しまして○○会社に勤務することとなりました。
○○会社在勤中は長年にわたり公私ともに格別の御高配を賜りありがたく厚くお礼申し
上げます。今後は従来にも増して一生懸命努力していく覚悟でございますので何卒今後
とも一層の御愛顧御支援を賜りますようお願い申し上げますまずは略儀ながら書中を
もってお礼かたがたご挨拶申し上げます。」

といった転職の内容と感謝の気持ちで十分だと思います。
最後はこちらも忘れずに「敬具」と日付を書いて転職したときの挨拶文の出来上がりです。